三遊亭円楽がなぜ支持されるのか

三遊亭円楽師が復活というニュースが飛び交っている。 併せて、こんな報道も多々。発信者は同じ。 圓生を継ぐ意欲満々 統一協会(落語の団体統合) 笑点視聴率ダダ下がりで打ち切りの危機   笑点は円楽師で持っていて、… 続きを読む 三遊亭円楽がなぜ支持されるのか

笑点の立川志らく

最近の日曜は出かけていることが多くて、地上波笑点はあまり観ていない。 特大号のほうを録画している。市馬会長の回や、南光師の前半はようやく観終えた。鶴光師や竹丸師はまだだ。 喬太郎師の高座で様子の一端を聴いた、おきゃんでぃ… 続きを読む 笑点の立川志らく

梶原いろは亭復活・連休の鈴本・笑点の桂南光

遅い更新ですみません。小ネタ集です。 梶原いろは亭復活 東京かわら版の末尾で落語会の開催を確認すると、懐かしの文字が。梶原いろは亭。 東北線の線路沿いにある。上野方面から尾久を過ぎ、線路をまたぐ人道橋「上中里さわやか橋」… 続きを読む 梶原いろは亭復活・連休の鈴本・笑点の桂南光

「誰も傷つけない笑い」と三遊亭円楽

いやあ、参りました。 落語のサゲより重要な「いただき」の発見について熱く語ったのだが、昨日昼アップした「中」が大コケしました。 記事個別のアクセスが、20時間経ってまだ50にすら届いていない。 昨日の1日のアクセス数が、… 続きを読む 「誰も傷つけない笑い」と三遊亭円楽

笑点が面白いのは円楽がいないからでは?

笑点、ここに来てやたらと面白いですね。 落語界における笑点については、当ブログはずっと擁護してきた。 最近では、「笑点は落語である」「笑点は落語界の中心にある」と、とんがった落語ファンから眉をひそめられそうな内容を書きま… 続きを読む 笑点が面白いのは円楽がいないからでは?

桂宮治ゲストのラジオを聴く

寄席の模様を書くとこのブログはアクセスが落ちる。 でも昨日の記事はすでに個別のアクセスが100を超えている。地味な柳家花飛さんでねえ。 感慨深いです。ありがとうございます。 ほぼ毎日更新の当ブログのためには、日々落語のニ… 続きを読む 桂宮治ゲストのラジオを聴く

第二の林家三平を出さないためには(噺家二世の育成を考える)

今日もネタ不足を絞り出し、更新していきましょう。 昇太師のコロナ感染だけではネタにならない。 最新情報だが、ナイツ塙も感染したそうで。水木連続で、ビバリー昼ズの出演者が陽性。 今日は昇太師の師弟関係について書こうかと一瞬… 続きを読む 第二の林家三平を出さないためには(噺家二世の育成を考える)

三遊亭小遊三の偉大さを改めて考える

締め切りがあって、今年初めてブログ一日お休みしました。 仕事のほうは結局書き上がらず、延ばしてもらったんだけど・・・ 無理な仕事を受けちゃいけないです。 さて当ブログもおかげさまで、すっかり露出が増えました。 新規流入経… 続きを読む 三遊亭小遊三の偉大さを改めて考える

円楽パワハラを再び考える

今日はネタが浮かばないまま夜になってしまいました。締め切りがあるから落語にも行けないし。 もともと1月はあまり出かけないのだけど。 ナイツのラジオに笑福亭羽光師がゲストで出ていたので、ネタになるかなと期待したのだが、やや… 続きを読む 円楽パワハラを再び考える