円楽党の真打昇進基準(上)

東京の落語会には4つの団体が存在する。 このうち、円楽党と立川流は、落語協会から分裂してできた組織である。 分裂した当時のゴタゴタ、恨みつらみを忘れていない噺家はたくさんいるのだが、それでももう、40年近く経過している。… 続きを読む 円楽党の真打昇進基準(上)

ひどい新作落語のダメージを解剖する(下)

古典落語ちりとてちんの気持ちいい部分を持ってこれないのは、パロディ落語の登場人物が全員嫌な女だという点に現れる。 誕生日を祝ってやろうというのに、その当人は、別れた男をヨリを戻したのでドタキャン。これは料理が余った理由付… 続きを読む ひどい新作落語のダメージを解剖する(下)

ひどい新作落語のダメージを解剖する(中)

連雀亭二ツ目地獄の人は、一度の経験で懲りて避けている。 だが、そこそこ活躍している様子でもある。二ツ目である以上、いずれ私もまた対峙することになるだろう。 あれほどひどい高座を聴くことはもう、ないとは思うのだが。 寄席地… 続きを読む ひどい新作落語のダメージを解剖する(中)

ひどい新作落語のダメージを解剖する(上)

おかげさまで、神田連雀亭ワンコイン寄席に同じ週に2度出かけ、どちらの日も大いに満足して帰ってきた。 だがいっぽうで、ひどい高座に出くわすこともなくはない。連雀亭でも、よそでも。 ひどい高座に出くわしたとき、その後しばらく… 続きを読む ひどい新作落語のダメージを解剖する(上)

立川流の迷走

東京の落語界には4つの団体がある。 落語協会、落語芸術協会、円楽党、そして立川流。 前の3つの寄席や会にはたびたび出没するのだが、立川流だけはとんとご無沙汰している。 といっても、「立川流に出向く」という概念自体が、そも… 続きを読む 立川流の迷走

立川談幸、いつの間にか香盤決定

ふと気になって、落語芸術協会の香盤を確かめてみた。 香盤は、噺家の序列。ファンにはあまり関係ないが噺家にとっては大事なもの。 とっくに正会員になり、弟子もめでたく真打に昇進した立川談幸師。 真打の一番下に、破線を引かれて… 続きを読む 立川談幸、いつの間にか香盤決定

神田連雀亭ワンコイン寄席24(下・春風亭一花「お菊の皿」)

昔昔亭A太郎「不動坊」 A太郎さんは、太鼓に乗って登場。なんでもCDの調子が悪かったとかで。 ヒゲをたくわえている。ヒゲの噺家など、古今亭寿輔師しか知らないなと思ったら、ドラマの役作りなんだそうで。 You Tubeで近… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席24(下・春風亭一花「お菊の皿」)

神田連雀亭ワンコイン寄席24(上・立川笑二「初天神」)

笑二  / 初天神 A太郎 / 不動坊 一花  / お菊の皿 2日前に出向いたばかりだが、またしても神田連雀亭ワンコイン寄席へ。今日は仕事の隙間ではない。 こちらは、私のスケジュールにわりと以前から入っていた。 3人揃っ… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席24(上・立川笑二「初天神」)

神田連雀亭ワンコイン寄席23(下・柳家花飛「ぞろぞろ」)

(上)に戻る 柳家花飛「ぞろぞろ」 二番手は花飛さん。 昨年はよく聴いた人。数えたら4席。 私が花緑一門を褒めたたえてやまない理由になる一人でもある。 今年の正月以来。それが大外れの席だった。この人だけでなく3人討ち死に… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席23(下・柳家花飛「ぞろぞろ」)

神田連雀亭ワンコイン寄席23(上・柳家小もん「三人旅」)

五代目柳家小さん「湯屋番/三人旅/強情灸」 仕事に区切りをつけて、一日ぽっかり空いた日。 久々に、池袋へ瀧川鯉昇師を聴きにいこうかとも思った。この場合、昼から夜の仲入りまで居続けになる。 だが結局、1時間の神田連雀亭ワン… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席23(上・柳家小もん「三人旅」)