【池袋演芸場公式】今日の番組がまるで違う【協会公式】

5ちゃんねるふうのタイトルの付けかた。 月末の〆切があるが、まあ、できるだろう。 いろいろ行った今月のとどめに、池袋演芸場に行こうかなと。 池袋下席昼席は、落語協会固定の芝居。時間が3時間と短く、2,000円と安い。色物… 続きを読む 【池袋演芸場公式】今日の番組がまるで違う【協会公式】

投稿日:
カテゴリー: 寄席

【柳亭市馬&市遼】寄席の灯を消すな コロナに前座を奪われた弟子と師匠の奮闘1年

テレビでも落語のドキュメンタリーはよくやっていて、そのほとんどを見ている。 NHKが浅草演芸ホールに密着し、桂枝太郎師を客と誤解してインタビューしていたものなど面白かった。 知ってるふりして作らず、制作側の無知を見せてし… 続きを読む 【柳亭市馬&市遼】寄席の灯を消すな コロナに前座を奪われた弟子と師匠の奮闘1年

神田連雀亭ワンコイン寄席42(下・桂鷹治「能狂言」)

続いて橘家文吾さん。 自分自身のマクラを振らず、吉原の話に進む。 また明烏かと思う。2年前にここで文吾さんのいいものを聴いた。 明烏は嫌いじゃない。でも一度聴くと、頭の中がこれで埋め尽くされる種類の噺。同じ人から再度聴く… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席42(下・桂鷹治「能狂言」)

神田連雀亭ワンコイン寄席42(上・立川志のぽん「のめる」)

今月は珍しいことに、月末まで落語会の予定がぎっしり詰まっている。 ちなみにビンボー人の私にありがたい、安い席ばかり。無料もある。 全部行けるかどうかはわからないけど。 今日もまた、安いワンコインへ。 トリの鷹治さん、それ… 続きを読む 神田連雀亭ワンコイン寄席42(上・立川志のぽん「のめる」)

池袋演芸場28 その5(柳家三三「元犬」と池袋むかし話)

寝ていたのであっという間にトリの三三師登場。 マクラが実に面白かった。 問題は本編で、元犬。トリでも元犬か。 いや、三三師の元犬はただの前座噺ではない。革命的な作品である。 でも個人的にあまり出会わないこの人の高座を20… 続きを読む 池袋演芸場28 その5(柳家三三「元犬」と池袋むかし話)

池袋演芸場28 その4(柳家小平太「二階ぞめき」)

そして仲入りは代演の柳家小平太師。 正蔵師の代演とは出世だ。 「冷やかし千人、客百人、間夫が十人、いろ一人」というフレーズを振る。 このフレーズ自体あまり聴かないけども、ひやかしの噺というのは二階ぞめきだろうと。 吉原大… 続きを読む 池袋演芸場28 その4(柳家小平太「二階ぞめき」)

池袋演芸場28 その3(柳家さん助「夏の医者」)

続いて代演、柳家さん助師。 60代のベテラン師匠に見える47歳。 昔の医者を軽く振って、夏の医者へ。 そろそろシーズン終了を迎える噺だ。年中できそうな雰囲気だが、強引な地口のサゲを替えない限り夏にしかできない噺。 まあ、… 続きを読む 池袋演芸場28 その3(柳家さん助「夏の医者」)

池袋演芸場28 その2(池袋珍品尽くし「唖の釣り」「松竹梅」)

まったく失念していて昨日は書かなかったのだが、コロナ罹患の三三師は、前日の27日より復帰したばかり。 だからそもそも、このぽっかぽっか寄席の前半(仲入り)は全休であった。 客の私のほうも、コロナ明け初の出動。8月はずっと… 続きを読む 池袋演芸場28 その2(池袋珍品尽くし「唖の釣り」「松竹梅」)

池袋演芸場28 その1(代演だっていいじゃないか)

金曜日の〆切と土曜日の〆切を、ひいひい言いながらなんとかこなす。 このあとも月末の〆切が複数あるのだが、この日曜日ぐらいはゆっくりしたい。 そぼふる雨の中、珍しく日曜の寄席へ。 ホームグラウンドの池袋演芸場。もっとも最近… 続きを読む 池袋演芸場28 その1(代演だっていいじゃないか)

投稿日:
カテゴリー: 寄席

柳家花飛「夏泥」@神田連雀亭

今日も朝の更新が滞っている。 放っておくとサボり癖になります。ネタを見つけるのに最適なのはやはり寄席。 神田連雀亭昼席が通好みのメンバーだ。 通好み、というか地味というか。でも地味にもいろいろあるわけで。 結果、期待外れ… 続きを読む 柳家花飛「夏泥」@神田連雀亭