神田連雀亭昼席7(上・連雀亭のアクリル板が外された)

もう月末だが、11月わずか3回目の外出。 別にフラストレーションはない。 ワンコインと迷って神田連雀亭の昼席へ。 入口抜けて、いつものように検温しようとしたら機械が撤去されている。 客席上手側にある木札、「三遊亭天歌」の… 続きを読む 神田連雀亭昼席7(上・連雀亭のアクリル板が外された)

2024年国立演芸場代替公演は半分の規模

国立演芸場は、隣接する国立劇場ともども閉館した。 この後建て替えだが、入札が不調とのことで、いったいどうなるやら。 万博なんてやめて国立劇場の建て替えを優先しろ、なんていう人もいそうだな。知らないが、きっと言ってそう。 … 続きを読む 2024年国立演芸場代替公演は半分の規模

投稿日:
カテゴリー: 寄席

鈴本演芸場9(その4・柳家喬太郎「夢の酒」)

橘家圓太郎師は、寄席の出番について。 こんな話よくするけども、毎回前後の人は違うわけなので、内容も違う。 出番はお席亭が決めるものです。 前後の人が嬉しいときもありますが、そうでないときもあります。今日みたいに強烈な人た… 続きを読む 鈴本演芸場9(その4・柳家喬太郎「夢の酒」)

鈴本演芸場9(その3・柳家小ゑん「いぼめい」)

柳家喬之助師は、落語協会でCMを作り、深夜早朝の安い時間帯に流そうというマクラ。 ここから、もうすっかり賞味期限が切れてるであろう「続きはWebへ」を振る。 2年前に池袋で聴いた際にも「続きはWebで」はもう古いんじゃな… 続きを読む 鈴本演芸場9(その3・柳家小ゑん「いぼめい」)

鈴本演芸場9(その2・入船亭扇橋「高砂や」)

昨日は柳家喬太郎「擬宝珠(ぎぼし)」という古い記事にもアクセスがあった。 なにかなと思ったら、ジャンプ最新号の「あかね噺」に擬宝珠が出たらしい。 「擬宝珠 落語」で検索してきたようだ。 これと関係あるかないか、恐らく無関… 続きを読む 鈴本演芸場9(その2・入船亭扇橋「高砂や」)

鈴本演芸場9(その1・柳家やなぎ「締め込み」)

久々の鈴本、久々の寄席四場。 喬太郎師匠の芝居、千秋楽である。 ぼんやりしてたらダメですう。 文京区でPayPay還元をやってるので、シビックセンターそばでお昼を食べて、大江戸線に乗る。 いろいろ考えごとしてたら、寝ても… 続きを読む 鈴本演芸場9(その1・柳家やなぎ「締め込み」)

柳家わさび「五目講釈」と、デキ批判に関する釈明について(浅草お茶の間寄席)

日曜日の浅草お茶の間寄席を、リアルタイムで観ることは少ない。 今日は昼ごはんのそばめし(オリバーどろソースで作ります)を食べる段になって、何の気なしにテレビを付けたら柳家わさび師が映っている。 途中からだが、演目が「五目… 続きを読む 柳家わさび「五目講釈」と、デキ批判に関する釈明について(浅草お茶の間寄席)

神田連雀亭昼席6(立川笑二「粗忽の釘」)

半月振りの始動である。 午前中に本業の取材を終えて、神田連雀亭の昼席へ。取材と言ってもインタビューではない。歩き回ったのでクタクタだ。 トップバッターは初めて聴く人。 穏やかにさりげなく小粒のギャグを入れていく人はだいた… 続きを読む 神田連雀亭昼席6(立川笑二「粗忽の釘」)

増えた立川流の寄席はやっぱり…

先日志らく批判をしたら、今度は別の方面でまた世間が騒いでいる。そちらの方面のほうが、より騒動は大きい。 ラサール石井とツイッター上でやり合ったそうで。 昔、能町みね子に攻撃された際はタジタジだったが、ラサールには反発する… 続きを読む 増えた立川流の寄席はやっぱり…

亀戸梅屋敷寄席32(その4・三遊亭好楽「小間物屋政談」)

11月3日開催、競馬のJBCの予想番組を前日にTOKYO MXでやっていて、山本昌と一緒に好楽師匠がピンクの着物で出演していた。 それを観て、らっ好さんのマクラがまだあったのをいきなり思い出した。だから、大ネタのためにマ… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席32(その4・三遊亭好楽「小間物屋政談」)