上野広小路亭しのばず寄席5 その3(ナオユキのダメ人間ブルース)

釈台が引っ込んで、アディーレA太郎師。 団体のおばさんたちについて、私の後援会の人たちですと。寄席に来てくれるのに、私の会には来てくれないんですが。 まだ、(仲入りの)師匠、桃太郎が来てないんです。師匠はいつも楽屋に来る… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席5 その3(ナオユキのダメ人間ブルース)

上野広小路亭しのばず寄席5 その2(桂優々「阿弥陀池」と師匠の釈明)

開始時は半分ぐらいの客の入りだが、どんどん入りそこそこ盛況。 おばさんの団体さんは、A太郎師の後援会らしい。 このおばさんたち実に自由で、開演中よく喋る。そんなに気になったわけではないものの、よくはない。 前座は三遊亭美… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席5 その2(桂優々「阿弥陀池」と師匠の釈明)

上野広小路亭しのばず寄席5 その1(笑点と不倫とプロローグ)

昨日日曜は、笑点新メンバー発表の直前の週。 放送後、私の笑点メンバー予想にどっと来客がありました。 ただ、他にも最新記事がどんどん出るので現在順位が下がったけど。 新メンバーは「人気落語家」だとアナウンスされているので、… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席5 その1(笑点と不倫とプロローグ)

投稿日:
カテゴリー: 寄席

神田連雀亭昼席5(下・柳家小もん「真田小僧」遅刻でトリ)

連雀亭昼席に戻ります。 3番手に本来トリの春風一刀さん。 はるかぜいっとうと申します。名前が一刀なだけに、とイッチョウケンメイを引いた、定番の挨拶。 遅刻の小もんさんについて。 小もんさん、昨日飲み過ぎたみたいですね。 … 続きを読む 神田連雀亭昼席5(下・柳家小もん「真田小僧」遅刻でトリ)

神田連雀亭昼席5(上・昔昔亭喜太郎「もう半分」開口一番なのに)

締め切りを終えたのでちょっと出掛ける。 現場の記事とは別に、朝から1本ブログのネタ書いてたのだけど、なんと仕上がりませんでした。 時事ネタなので、連雀亭の連載の途中で割り込むかもしれません。   もう半分 喜太… 続きを読む 神田連雀亭昼席5(上・昔昔亭喜太郎「もう半分」開口一番なのに)

神田連雀亭昼席4(下・桂伸べえ「女性の部屋に入りたい」)

今日の顔付けは4人のうち芸協3人。 3番手が唯一落語協会の、柳家花飛さん。 私は好きで結構聴いている人。 私は代演なんですが、本来ここの出番だったのを風子さんに替わってもらって、今月すでに出ました。 そうしたら、辰乃助か… 続きを読む 神田連雀亭昼席4(下・桂伸べえ「女性の部屋に入りたい」)

神田連雀亭昼席4(上・桂鷹治「厠の仇討」)

2023年最初の落語は、客3人だった。 いささか生々しくて、取り上げるのを遅らせた。 遅らせたらいいことあるの? あくまでも気分の問題だけど、多少人の記憶も薄れるのでは。 演者のほうには、「誰かお客さん来ないかなと思って… 続きを読む 神田連雀亭昼席4(上・桂鷹治「厠の仇討」)

「落語初心者は寄席に行きなさい」これでいいのだ

休みがちで済みません。 身内で葬儀などあったもので。 まあ、その割にはまあまあ更新しているなと。 さて今年は、落語関係の検索ワードで必ず引っかかるブログにしようと企んでいる。 すぐに引っかからなくても、仕込んでおけばいず… 続きを読む 「落語初心者は寄席に行きなさい」これでいいのだ

本田圭佑ラーメン価格論争に思う「寄席の適正価格」

年が変わって早くも2日更新休んでしまいました。現場に行かないとそんなもんだ。 世間のニュースでも拾ってみます。 落語の寄席。あの面白さで3000円は安すぎる。もうちょっと値上げするべき。ってか色んな業界がもう少し値上げす… 続きを読む 本田圭佑ラーメン価格論争に思う「寄席の適正価格」

投稿日:
カテゴリー: 寄席

浅草演芸ホール4 その6(柳家蝠丸「死ぬなら今」)

この夜席、振り返ると末広亭で出るような当たり前の古典落語がなかった。 面白いことである。 三笑亭可龍師もかなり珍しい「古着買い」。 一応知ってはいるが、聴いたことはないはず。 あまり掛からない理由はすぐわかる。啖呵が大工… 続きを読む 浅草演芸ホール4 その6(柳家蝠丸「死ぬなら今」)