隅田川馬石独演会@棕櫚亭(下・「井戸の茶碗」)

ここ棕櫚亭、トイレの水が溜まりづらいらしく、仲入り休憩は必然的に長くなる。 外ではコーヒーのサービス。ありがたい。 開演前に諸注意があったが、注意虚しくスマホの大きなバイブ音が、鮑のしの最中に鳴っていた。 バイブも時に響… 続きを読む 隅田川馬石独演会@棕櫚亭(下・「井戸の茶碗」)

隅田川馬石独演会@棕櫚亭(中・「鮑のし」フルVer.)

主役の馬石師登場。 先の市若さんを評して、「いいですね。『二ツ目』って感じで」。 みんな前座の頃はおとなしく落語をするんですよ。あまり派手なことやっちゃいけませんしね。 その分二ツ目になると弾けます。あんな感じです。 隅… 続きを読む 隅田川馬石独演会@棕櫚亭(中・「鮑のし」フルVer.)

隅田川馬石独演会@ばばん場(下・「お見立て」「お直し」)

汗を拭いてまた高座に戻ってくる馬石師。 「熱演するような噺じゃないんですけども」 その価値のある一席でした。 今日はせっかくですから残り2席、郭噺がやりたいですね。 郭噺もいろいろ差し障りがありますけども、残して行きたい… 続きを読む 隅田川馬石独演会@ばばん場(下・「お見立て」「お直し」)

隅田川馬石独演会@ばばん場(上・豆屋)

昨日のカメクロの記事を、飯田橋のドトールで仕上げてから向かう先は高田馬場・ばばん場。 隅田川馬石独演会。 かれこれ1年、馬石師を聴いていない。定期的に聴かないと。 今月は無料の落語に3回行き、そして500円の落語に2回。… 続きを読む 隅田川馬石独演会@ばばん場(上・豆屋)

鈴本演芸場8 その4(隅田川馬石「鮑のし」)

昨日の一之輔師だが、後で調べたらなんと14か月振りの遭遇だったので心底驚いた。そんなに空いてた? 紙切りの二楽師へは、「只見線」と「立川談志」の注文。 復活したJR只見線の注文、頼んだ客は何度も繰り返すが演者にはまったく… 続きを読む 鈴本演芸場8 その4(隅田川馬石「鮑のし」)

春風亭百栄「アメリカアメリカ」@鈴本演芸場(上)

ビクター二八落語会~究極の音にこだわる落語シリーズ 隅田川馬石 [ 隅田川馬石 ] 価格:2311円(税込、送料無料) (2022/3/17時点)   鈴本演芸場に行ってきました。3月中席の主任は春風亭百栄師。… 続きを読む 春風亭百栄「アメリカアメリカ」@鈴本演芸場(上)

スタジオフォー四の日寄席4 その3(隅田川馬石「松曳き」)

二番手が初音家左橋師。 私は1年ぶりの四の日寄席だが、登場時の拍手にローカルルールができあがっているようだ。 演者が楽屋から出てきた際に、手は叩かないことになったらしい。別に誰かがそう決めたわけでなく、自然発生的なものと… 続きを読む スタジオフォー四の日寄席4 その3(隅田川馬石「松曳き」)

鈴本演芸場6 その3(隅田川馬石「粗忽の釘」)

息子のぽん平さんが持ってきたあいびきを使う、膝の悪い林家正蔵師。説明はもう面倒なのか、ない。 浅草と鈴本という、台東区の二つの寄席の比較。我々は掛け持ちすることもありますが、お客さんは結構違います。着てるものとか。 「か… 続きを読む 鈴本演芸場6 その3(隅田川馬石「粗忽の釘」)

奮闘馬石の会(下・隅田川馬石「淀五郎」)

馬石師のお客は女性が多い。このことは感覚的に、非常によくわかる。 単にいい男だというだけでなく、その柔らかい物腰と穏やかな雰囲気が女性にはたまらないのだろう。 よく考えたら、私は「女性の好む男の噺家」が結構好きかもしれな… 続きを読む 奮闘馬石の会(下・隅田川馬石「淀五郎」)

奮闘馬石の会(中・隅田川馬石「初天神」)

昨日、前座の柳家り助さんを激賞した。ちなみに10分の短い高座。 り助さんが素晴らしかったからといって、主役の馬石師が食われたわけではない。でも同じ状況になったら、食われる真打だっていそう。 寄席の定席の場合、実際にり助さ… 続きを読む 奮闘馬石の会(中・隅田川馬石「初天神」)