鶴見さるびあ寄席の春風亭かけ橋(中・「千早ふる」)

サルビアホールの入っている、鶴見駅前広場に面した複合ビルは「シークレイン」という。 クレインは鶴だろうが、シーはどこから来たのだろう。 あ、「見」からか。やられた。 落語の会場は後ろ幕と寄席囲いの立派なしつらえ。 明治座… 続きを読む 鶴見さるびあ寄席の春風亭かけ橋(中・「千早ふる」)

神田連雀亭昼席3 その4(春風亭一花「千早ふる」)

トリの一花さんは、2月以来。この人もだいたいここ連雀亭で聴いている。 一花さんは笛吹きだから、落語協会の披露目に行けば5分の1の確率で巡り合うはずだが。 数えてみたら9席目だった。最近急速に増えている。 演目被りは一度も… 続きを読む 神田連雀亭昼席3 その4(春風亭一花「千早ふる」)

浅草演芸ホールの芸協 その3(春風亭弁橋「千早ふる」)

久々の浅草だが、ずいぶんとケツが痛い。他の寄席に比べて椅子がよくないね。 本来ここは居続け可能の寄席(流し込み)なのだが、この椅子は辛いかも。 さて、2日間愚痴、芸人批判からスタートしてしまった。 冒頭に戻って進めます。… 続きを読む 浅草演芸ホールの芸協 その3(春風亭弁橋「千早ふる」)

春風亭一之輔「千早ふる」その5

笠碁/夏泥 一之輔師の前に小遊三師の千早ふるを出した。 別に比較しようと思ったわけではない。楽しみ方はだいぶ違うし。 だが、結構重要な共通点があることに改めて気づく。それは、千早ふるの隠居が魅せるウソツキ芸に、徹底して迫… 続きを読む 春風亭一之輔「千早ふる」その5

春風亭一之輔「千早ふる」その4

お見立て/短命/新聞記事/富久 隠居と八っつぁんのボケ・ツッコミ対決というのは、一之輔師の場合、他の噺にもみられる構造。 たとえば「短命」。 これも、2018年の毒炎会の爆笑の一席。 千早ふるとは違い、ボケる(天然含む)… 続きを読む 春風亭一之輔「千早ふる」その4

春風亭一之輔「千早ふる」その3

マクラはたっぷり11分。 冒頭から、次のエピソードを立て続けに。 本編も21分と長めだけども。 前座替わりに出た二ツ目、ウケてなかった柳亭市弥さんの元犬について この番組の企画について、どうせ白酒、三三に断られて私になっ… 続きを読む 春風亭一之輔「千早ふる」その3

春風亭一之輔「千早ふる」その2

一之輔師が「毒炎会」の生放送で演じた千早ふるのカップリングは、子別れ。 千早ふると、究極の組み合わせ。 この子別れもすごくいい。ギャグを最適な頻度で入れつつ、しっかり人情を語り込むのだ。 人情噺好きの私としては、この作品… 続きを読む 春風亭一之輔「千早ふる」その2

春風亭一之輔「千早ふる」その1

どう頑張っても現在寄席はやってない。落語会もしかり。 政府方針に反発し、生活どうしようと嘆いていた落語界の人たちも、現在はおおむね、おとなしく自宅で稽古をしているようである。 一見世間に反発するようで、いざとなったら口を… 続きを読む 春風亭一之輔「千早ふる」その1

三遊亭小遊三「千早ふる」(下)

錦の袈裟/厩火事 私は本寸法という落語の用語は決して好きじゃない。格式張って、なにかを切り分け切り捨てるニュアンスがあり、傲慢に思えるからだ。 だから普段は使わない。 だが、「破壊しない古典落語」のことを指して使うなら、… 続きを読む 三遊亭小遊三「千早ふる」(下)