くろい足袋の会2(下・台所おさん「らくだ」)

仲入り休憩後はおさん師の長講。 花いちさん、ひとつ言い忘れたことがあるそうです、とおさん師。 先ほどの高座が、30代最後だったんです。明日40の誕生日ですね。 ほうと客。高座の上にいるのは本人ではなく、拍手はしない。 頼… 続きを読む くろい足袋の会2(下・台所おさん「らくだ」)

国立演芸場17 その4(柳亭左龍「らくだ」)

ヒザは仙志郎・仙成の太神楽。 歩いてきたもので、ここで寝落ちしてしまった。太神楽が寝やすいなんてことはないけど。 目が覚めたら最後の、笠の取りっこだった。 トリの一席に向けてリフレッシュできてよかった。 柳亭左龍師はもっ… 続きを読む 国立演芸場17 その4(柳亭左龍「らくだ」)

新宿末広亭の芸協(その3・桂文治「らくだ」)

道灌/らくだ しばらく末広亭のネタが続きます。 寄席のこと書いてるのが、私にとってもいちばんご機嫌ですね。 昼トリの桂文治師を。 夜まではいられないのだが、夜トリは三遊亭圓馬師。この二人の組み合わせは、流れてしまったGW… 続きを読む 新宿末広亭の芸協(その3・桂文治「らくだ」)

亀戸梅屋敷寄席16(下・三遊亭好の助「らくだ」)

亀戸のトリは好の助師。 すったもんだの昇進前は一度聴いただけだったのだけど、昇進後そのユニークな個性が好きになり、結構よく聴いている。 すったもんだは別にご本人のせいじゃないのだが、その逆風を一気に推進力に変えている。 … 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席16(下・三遊亭好の助「らくだ」)

アニメ「昭和元禄落語心中」の落語/第七話

アニメ「昭和元禄落語心中」に出てくる落語につきいろいろ書いています。 第七話のストーリーは、完全にアニメオリジナル。 原作を、しっかりきちんと膨らましていてびっくりだ。 ダメ亭主「助六」と、口やかましいおかみさん「菊比古… 続きを読む アニメ「昭和元禄落語心中」の落語/第七話