上野広小路亭しのばず寄席5 その5(三遊亭好楽「肝潰し」)

ヒザ、江戸家まねき猫先生の高座は初めてだと思う。 でも、大部分寝落ちしてしまい、肝心の動物物まねはひとつも覚えていない。 漫談部分も、寄席がハネた後までは覚えてたのだけど、3日経ったら忘れちゃった。 今度の5代目猫八の叔… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席5 その5(三遊亭好楽「肝潰し」)

三遊亭好楽、落語協会の定席に顔付け どういう意義があるか

三遊亭好楽、兄弟子の柳朝追善興行で40年ぶり落語協会定席に出演 木久扇も喜ぶ…浅草演芸ホール2月中 (スポーツ報知) 地味に見えてインパクトのあるニュースが出ている。 こういうの、報道前に気付いて当ブログが一番乗りだった… 続きを読む 三遊亭好楽、落語協会の定席に顔付け どういう意義があるか

亀戸梅屋敷寄席28(下・三遊亭好楽「風呂敷」)

好楽師のマクラをひとつ思い出した。素人のネタだと断って。 円楽と、その翌日亡くなったアントニオ猪木の会話。 「元気ですかー」 「元気なわけねえだろ」 上手いこと言う人がいますねと好楽師。 ちなみに着物はピンク系だが、笑点… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席28(下・三遊亭好楽「風呂敷」)

亀戸梅屋敷寄席28(中・三遊亭好楽 円楽の思い出、志ん朝の思い出)

トリは好楽師。 この師匠は、波長が合えば合うほど楽しい。だからついまた来てしまう。 持ちネタの多い好楽師だが、よく来てるので最近演目がカブるようになった。 だが、カブり出してからがこの師匠の真骨頂である。 毎回、噺が違う… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席28(中・三遊亭好楽 円楽の思い出、志ん朝の思い出)

上野広小路亭しのばず寄席4 その6(三遊亭好楽「一眼国」下)

4年前にしのばず寄席で聴いた好楽師のこと、ちょっと思い出した。 街で顔を指されて、「あ、ピンクの小粒コーラック」。 今から思うと、いかにもオチを付けましたという感があった。 別に当時すごく気になったわけではない。ただ、現… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席4 その6(三遊亭好楽「一眼国」下)

上野広小路亭しのばず寄席4 その5(三遊亭好楽「一眼国」上)

好楽師の高座に触れるため、SNSの自由について1日論じました。しのばず寄席に戻ります。 ヒザはブリッコ魔女の瞳ナナ先生。若い娘にしか見えない、真の魔女。 ピン芸は一年振りだが、「北見伸&スティファニー」の舞台なら今年国立… 続きを読む 上野広小路亭しのばず寄席4 その5(三遊亭好楽「一眼国」上)

三遊亭好楽「いまだから語りたい昭和の落語家楽屋話」

今日はブックレビュー。 昨日もマンガレビューだったのだが、文句の吐き通し。 吐いてるほうも気分爽快というわけじゃない。口直しを。 今日取り上げるのは、最近ずいぶん頻繁に広告を張っている、好楽師の新刊です(2021年12月… 続きを読む 三遊亭好楽「いまだから語りたい昭和の落語家楽屋話」

亀戸梅屋敷寄席26 その2(三遊亭好楽「三年目」)

本来仲入りの好楽師、医者に行く個人的な都合でもって披露目の口上をトップにして、次に前座を押しのけて上がる。 なんじゃこりゃ、困ったもんだと思いつつ、妙に楽しい。 披露目という非日常的なイベントに、さらに非日常をプラスする… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席26 その2(三遊亭好楽「三年目」)

亀戸梅屋敷寄席26 その1(三遊亭好一郎真打昇進披露口上)

円楽党は新真打、好吉改め三遊亭好一郎の披露目の最中。 できれば10日間ある両国に行きたかったのだが、なかなか夜は出歩きづらい。 昼席の亀戸で9日、一日だけ披露目があるのでそちらへ。 今月落語4席目だ。ちょっと多いな。 三… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席26 その1(三遊亭好一郎真打昇進披露口上)