第37回昭和大学名人会(上・柳亭左楽「松山鏡」)

2019年は台風直撃で中止、そしてその後はコロナ。 2021年は配信があったらしいが観ていない。 昭和大学名人会が4年ぶりに帰ってきた。 前回やった2018年は、ちょうどあちこちで医学部不正入試問題とかあったっけ。 大学… 続きを読む 第37回昭和大学名人会(上・柳亭左楽「松山鏡」)

国立演芸場17 その3(柳家さん喬「棒鱈」)

漫才はロケット団。国立は時間がたっぷりある。 四字熟語に北京五輪、選挙、 木下富美子、プーチン、流行語大賞、ワクチンなどなど。 羽生結弦からプーさんの流れで、プーチン、ウクライナに持っていく。 漫才は平和でないとやりづら… 続きを読む 国立演芸場17 その3(柳家さん喬「棒鱈」)

鈴本演芸場7 その6(柳家さん花「浮世床」)

仲入り休憩後、クイツキの小菊姐さんの後は、新真打の柳家さん花師。旧名小んぶ。 先日披露目を終えたばかりで、もうこんな深いところに顔付けされている。期待の新真打。 私は巡りあわせが悪く、二ツ目の末期になってから初めて遭遇し… 続きを読む 鈴本演芸場7 その6(柳家さん花「浮世床」)

新宿末広亭3 その4(春風亭百栄「弟子の強飯」)

末広亭の続きものを1日休み、緊急事態宣言下で継続する寄席の弁護をさせていただきました。 寄席はいいところ。 昨年まで数年間、妙に足が向かなかった末広亭も改めて実にいいところ。とんがった池袋にはない、寄席の基礎がたっぷり。… 続きを読む 新宿末広亭3 その4(春風亭百栄「弟子の強飯」)

文蔵&喬太郎・二人落語

また配信落語からネタを拾わせていただく。 もう5月31日の生放送のものだが、第4回文蔵組落語会がYou Tubeにアップされている。 当時もったいないから参加しなかったのだが、こうして後でタダで聴かせてもらえるとはありが… 続きを読む 文蔵&喬太郎・二人落語

堀之内寄席4(上・春雨や晴太「道灌」)

ブログ1日休ませていただいた。 おかげさまで今日のアクセス数も順調に多いのだが、ほとんどのお客さんが、最新記事がないのを確認してただちにお帰りである。 そんなに毎日楽しみにしていてくださるとは感激です。 さて今日は、行っ… 続きを読む 堀之内寄席4(上・春雨や晴太「道灌」)

亀戸梅屋敷寄席13(中・三遊亭らっ好「道灌」)

らくだ/道灌 亀戸梅屋敷寄席、冒頭から。 前座はテケツにいた楽べえさん。先週と一緒。 亀戸は前座も顔付けされているから、最初から知って来ているのだけど。 非常に前座らしい朴訥な語りにもかかわらず、口調と間ができあがりつつ… 続きを読む 亀戸梅屋敷寄席13(中・三遊亭らっ好「道灌」)

池袋演芸場17 その5(柳家はん治「背なで老いてる唐獅子牡丹」)

小太郎さんもさん喬門下だが、この夜の部の顔付け、喬太郎師の弟弟子以外も揃って柳家。全く一門外の噺家は、喬太郎師の同期である林家彦いち師だけだ。寄席の番組は主任の師匠の一門で顔付けするものではあるが、ちょっと極端。落語協会… 続きを読む 池袋演芸場17 その5(柳家はん治「背なで老いてる唐獅子牡丹」)

柳家喬太郎「道灌」

最近、いい前座さんから続けて「道灌」を聴いた。柳家小たけさん(その後二ツ目に昇格して現在小もん)と、柳家小ごとさん。 道灌は、寄席に通っていれば、特に柳家の噺家さんからたびたび聴く前座噺である。決して飽きはしない。いい前… 続きを読む 柳家喬太郎「道灌」